名入れ風呂敷・手ぬぐいの販促品・ノベルティなら和ノベルティ.jp|東京・青山にある和布セレクトショップMotaiが和の品々を法人ユースにご提案するサイトです

弔事のマナー

弔事のマナー

お香典返しは四十九日(七七日忌)の忌明け(満中陰)の法要の終了後に、忌明けの報告とお礼をかねて行います。
おおよそ「忌明け当日から1ヶ月以内」にお香典返しを行うのがふさわしいです。
忌明けまでに時間がかかる場合や年越をしてしまう時などは、
三十五日(五七日忌)をもって忌明けとして、お香典返しをする場合もあります。
最近では、早くお返しを済ませたい場合に葬儀後や初七日の頃にお香典返しを行う方もおられます。
また、神式では三十日祭または五十日祭の後、キリスト教式では、追悼ミサや召天記念式後にお香典返しをされる方が多いです。

東レシルックちりめん無地ふろしき二巾
東レシルックちりめん無地ふろしき 二巾
1800円(税別)

Motaiの”もったいない”風呂敷 扇 藤紫
2500円(税別)

彩美きもの姿 風呂敷ふくさセット
2500円(税別)

つづれ織金封ふくさ
3000円(税別)
名いれ

新盆・法事・法要の返礼品におけるマナー

法事の参列者に喜んでもらえるものを選びたいと思っても、年齢・性別・人の好みを考えるとなかなか決断できないもの。
そんな場合は、友人、親戚、同僚など間柄によって返礼品を分けるか、
どの世代にも受け入れやすい風呂敷やふくさを選んでみてはいかがでしょう?


返礼品の包みとして、便利なのが風呂敷で返礼品を包むことです。
遠方からの参列者などは、他の荷物も一緒に包め、自宅に帰ってからも包装紙や紙袋の資源ごみを出さずに済みます。


小花ちりめん金封ふくさ
1000円(税別)

新つづれ織金封ふくさ
2500円(税別)

Motaiの”もったいない”風呂敷 瑞雲モノトーン
2500円(税別)

リバーシブル風呂敷バッグ
サメ小紋(紺)・無地(ヒワ)
1200円(税別)
名いれ

葬儀・通夜の不祝儀袋について

葬儀やお通夜に参列する場合は不祝儀袋にお金を入れたお香典を持参します。
葬儀の不儀袋の水引は、一度切りの意味を込めた「結びきり」を使います。
宗教に関係なく使える不祝儀袋は上に「御霊前」、下に名前をフルネームで薄墨で書きます。
包む不祝儀の金額は、故人との関係の近さなどにより5千円から1万円位が一般的です。

不祝儀袋の持参は? 渡し方は?

不祝儀のお金は新札は避けるのがマナーです。
もし、新札しか用意できない場合は、新たに折り目を付けて、不祝儀袋に入れます。
その不祝儀袋を受付でそのまま手渡していませんか? ガサガサとバッグから取り出していませんか?
ポケットやバッグから不祝儀袋を裸のままで出すのは失礼です。
不祝儀袋は、ふくさに包むか入れるかして渡すのがマナーです。
「お悔み」の気持ちを込めて、お香典を渡しましょう。
ふくさの色は、紫、紺、鼠色、黒などが一般的です。
不祝儀袋を袱紗から取出し、不祝儀袋を先方から見て正面になるように両手で差し出します。
受け付けで不祝儀袋を取り出し、ふくさを閉じて、その上に不祝儀袋を乗せ、
相手側から「御霊前」などの文字が読めるように向けてお渡しします。
あるいは、ふくさは取りあえずテーブルに置き、不祝儀袋のみお渡しします。

弔事のマナー お香典返し

葬儀にいただいたお香典の返礼品をお香典返しと言います。
お香典返しは、忌明けに遺族が送ることが一般的です。
忌明けとは、仏式ならば四十九日の法要後、神式ならば五十日祭を終えた後、キリスト教では死後一ヶ月後の昇天(召天)記念日のあとのことを言います。
お香典返しの金額は、頂いたお香典の3割から5割であることが一般的です。
お香典返しは、一律に同じ物を贈ることもあれば、お香典の額に応じて変える場合もあります。
お香典返しには、仏式ならば「志」「忌明志」と表書きし、白黒あるいは灰色の結 び切りの水引をかけます。
関西地方では、「満中陰志」と表書きし、黄白の水引をかけます。
「中陰」とは四十九日のことを意味します。
神式では「志」「偲草」「しのび草」と表書きし、白黒あるいは双銀の結び切り水引をかけます。
キリスト教式では、「召天記念」(プロテスタント)・「感謝」・「志」と表書き して、水引はかけません。
お香典返しには、会葬御礼と忌明けの報告を兼ねた挨拶状を同梱します。
挨拶状には故人の戒名を記すこともよくあります。
仏式の文 中に用いられる「七七日忌」「七七忌」とは四十九日のことを意味します。

(冠婚葬祭マナー辞典より)

弔事のマナー 法事法要

法事の本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということです。
仏法の要点・肝要を知ること。しだいに、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになりました。
日本では、今は主に供養(追善供養)のことを言います。
法事はお寺の創立記念や落慶(新しい堂宇の完成記念)や仏像の開眼などの慶事も含みますが、一般的に死者を弔う儀式の事を言います。

名いれ

このページの先頭へ